お金がすぐに必要ならお任せください!!

 

【プロミス】平日14時までに契約完了で★当日振込♪★ 

すぐ借りる 金利

すぐ借りるときに役立つ情報をご紹介します。

 

 

今回ご紹介をするのは「金利」です。これはお金を借りる際に必ず見ておきたい項目となっています。金利とはお金を借りたい際にかかる利子を決める数字のことを言います。

 

 

金利を見る方法としては数字が大きいほど利子は高くなり、数字が小さいほど利子は低くなります。

 

 

人気の消費者金融の金利を比較ながらご紹介をします。

 

アコム

アイフル

プロミス

モビット

即日利用

金利

4.7〜

18.0%

4.5〜

18.0%

4.5〜

17.8%

3.0

18.0%

融資額

1〜500万円

1〜500万円

1〜500万円

1〜800万円

審査スピード

最短30分

 

(3項目3秒診断)

最短30分

 

(1秒診断)

最短30分

 

(3項目3秒診断)

最短30分

 

(10秒簡易審査)

融資スピード

最短1時間

最短即日

最短1時間

最短即日

(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 )

 

 

ここで金利の見方になりますが、すごく幅が広いことがお分かりいただけるかと思います。

 

 

例えば、消費者金融でも一番人気となっているプロミスを例に出してみると金利は「4.5〜17.8%」と定められています。

 

 

4.5%が下限金利、17.8%が上限金利と言われています。ついつい下限金利に目がいきますのでプロミスの3.0%で借りれば良いと思いますが、それは大きな間違いです。

 

 

この金利は借り入れをした額によって左右されます。借入金額が大きいほど金利は下がりますし、借入額が小さなほど金利は高くなります。基本的に100万円以下の借り入れの場合は上限金利が適用になります。

 

 

そのため、モビットの3.0%の金利になるためには最低でも800万円近く借り入れをすることが重要です。もちろん800万円を借り入れしても3.0%になるかは定かではありませんので理解をしておきましょう。

 

 

現実的に考えた際に「すぐ借りる」と思っている方ならプロミスの上限金利17.8%で借り入れをすることが最善策と言えます。

 

 

消費者金融の場合はすぐに借りれる代わりに金利が高いというデメリットがありますが、プロミスとレイクは無利息期間を設けていますので短期間利子を「0」で利用も可能です。

 

 

すぐに借りる+金利を抑えるなら上記の2サービスがおススメですが、プロミスの場合は無利息期間のスタートが初回の借り入れ(メールアドレスの登録とWEB明細書の利用が必須)となっています。

 

 

レイクは契約した翌日からとなっていますので、プロミスの方が良いでしょうね。

 

 

一緒に読まれています。
1万円すぐ借りる